「誰なんだこの日本人は!?」世界初の月旅行!ゾゾタウン前澤有作に対する海外の反応!

ニュース

 

TO THE MOON !!! (月へ!!!)

 

ZOZOTOWNで有名なスタートトゥデイの社長前澤友作氏が世界初の民間月旅行に参加することで注目を集めている。同氏はこの月旅行の乗客の中で一番に料金を支払っており世界からも注目を集めている。前澤氏は100億円の豪邸を建てたり、プロ野球球団買収、女優剛力彩芽との交際、バスキア絵画123憶円購入など世の中の注目を集め続けている。

 

特に今回の月旅行や、バスキアの絵画を購入したことで日本だけでなく海外でも知られ始めている。

 

なお今回の月旅行には世界中からアーティストを招待するとのことです。

 

以下、海外の反応

・外国人

「生きている間にこんなことが起こるなんて信じられないよ!」

↳「これは人類の通過点に過ぎない」

 

・外国人

「アーティストを連れていくだって!いい考えだ!彼らがつくる芸術品は人々を感動させるだろう!」

 

・外国人

「これは伝説だ。前澤氏は6人~8人の芸術家を連れていくと言っている。私は感動したし、鼓舞された。」

↳「個人的な意見だけど芸術家を連れていくのは間違っていると思う。研究のために科学者を連れていくべきだ。」

↳「こういうことから科学者が得られることは少ない。彼らは月面には着陸しない。そして地球からでも月を観察することはできる。」

 

・外国人

「私はインド人の有名でない芸術家の一人だ。私も月に連れて行って欲しい。自分は有名じゃないし言っていることはおかしいことはわかっている。しかし、月に行って地球と月の絵を描きたい。前澤氏にぜひ連れて行ってほしい。」

↳「あなたの作品をビデオで投稿したらどう?あなたの情熱を表しているような作品を。もしかしたら彼らに目をつけてもらえるかもしれない。」

 

・外国人

「私を連れて行ってくれ」

 

・外国人

「ダフトパンクを連れて行ってくれ」

 

・外国人

「私はこのニュースをみて涙を流したよ。ついに私の仲間である人類が月に行けるんだ。私たちの未来は明るい。前澤氏に幸運あれ!」

 

・外国人

「科学者を連れていくべきだ。一般人が払う金は十分じゃないだろう」

 

・外国人

「これは失敗する。自殺しに行くようなものだ。」

↳「彼らに言ってくれ。本当にばかげている。スペースシップは信頼できるようなものじゃない。」

↳「お前はNASAの死亡者リストを見たことがあるか?ないだろう」

↳「誰が死ぬことなんて気にしている。地球は終わっている。」

 

・外国人

「バスキアの絵を買った男か!なんてラッキーな男なんだ!」

 

・外国人

「月へ!」

 

・外国人

「彼は大きな爆弾に引っ付いていくことに気づいてほしい。」

 

・外国人

「イーロンマスクは落ち込んでいるように見える。」

↳「だから日本人を選んだんだ。」

↳「いやイーロンが選んだわけではない。」

 

 


 

前澤氏へのコメントというよりかは一般人が月に行くことに驚きを感じている人が多い印象でした。しかし、バスキアの絵画購入や今回の月旅行など間違いなく世界的に知名度が上がっていますね。日本人として誇りに思います。

 

しかし、会見での英語はもう少し何とかならないものかと。笑

堂々としていてかっこいいですがもうちょっと準備したら何とかなるやろと感じました。

コメント